わたしはバニの鼓姫です

kohirob.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 11月 06日

別れ

母の体中が鼓姫で溢れています

でも 鼓姫を探す福丸を見ていると泣いてばかりではいけないと
気持ちを奮い立たせながら毎日を過ごしております

関節の治療を続けていました

その間も検査をしながら悪い物が出ていないかと心配しながら過ごしていました

空へと旅立つ3週間前 呼吸が少し荒い時がある気がして
検査をして頂きましたら 肺がんとの診断でした

あっという間に進行していたのでしょう

母は延命治療はしません
どの子の時もそうですが 母自身もそうですが延命治療はしません

母は治療に時間を取られる事より 鼓姫が一番喜ぶ事をして過ごそう
フクと父と母と一緒に過ごそう
母の時間は全て鼓姫の傍で過ごそう と決めました
 
コヒ・フクカーのエンジンをかけるとピョンピョンと跳ねて喜ぶ鼓姫
山 川 高原 何処でも全身で喜びを表現する子でした

だから エンジンをかけて喜んだ時は コヒの楽しむ所へ連れて行く事にしました

高原へ行く途中でも 草原でゴロゴロしている時でも
そこで息絶えてもコヒが喜んでいればそれでいい と決めました

最後の10日間は立ちあがる事が辛そうでしたので ゆっくり家で過ごしました

昼も夜寝る時も母の傍で過ごしました

お出掛けできなくなってからは家でたくさんのお話が出来ました

  「また あのお山に行きたいねぇ~」 「コヒはあの高原が一番好きかなぁ~」

  「コヒは泳ぎが上手だよね だからフクも上手になったよ」

  「お山で食べるおむすび 美味しかったね~  また行こうね」

なんて話を・・・

そんな時可愛いお顔で聞いていました (旅立つ10日前の鼓姫です)
b0158390_13144183.jpg


肺がんでしたから 苦しむんじゃないかとそれだけが心配でした
酸素吸入機をレンタルし 苦しそうな時は酸素を送りましたが
それも好きではなかったのか嫌がる事が多く ほとんど使う事はありませんでした

17日の未明 母の腕枕で キュンキュンと2言 言葉を残して
穏やかに 静かにお空へと旅立って行きました

最期まで いい子で逝ってしまいました

まだ ”あ~~コヒに会いたいなぁ~” って思う事が何度もあります

でも 母の傍らには元気を失くした福丸がいます

コヒは最期 フクをよろしくね って言ったのかも知れません


  コヒちゃん また会える時までね 待っててね

by kohimerobinhime | 2015-11-06 13:32 | 鼓姫 | Comments(6)
Commented by at 2015-11-06 23:51 x
大好きな母さまの腕枕でコヒちゃんはお空にいったんですね。
最期まで幸せだったコヒちゃん。
会いたかったな~。

Commented by kohimerobinhime at 2015-11-07 07:03
凹さま

コヒと過ごせた私達もどんなに幸せだったでしょう。
そんな楽しい子でした。

ホントにお会いして撫でて欲しかったです ナデナデ大好きな子でしたから・・・
Commented by ことはるあめこつぶ at 2015-11-08 21:15 x
それでも、わたしは鼓母さんが羨ましい。
平日お留守番の我が家の生活スタイルでは、
“その時”
わたしはこつぶの側に付き添ってあげられているのだろうかと思うと胸が苦しく不安で一杯になります。
大好きな鼓母さんの腕の中で、
いつもの空間で、
穏やかに・・・
コヒちゃん、きっと高原で走る夢を見ながら、お空に翔けていったんだろうな。

フクくんが、また元気を取り戻してお山に行けますように・・・。
Commented by kohimerobinhime at 2015-11-09 08:34
ことはるあめこつぶさま

犬生は人よりはるかに短いものだと分かっていても
その時が突然訪れ その辛さに閉口です。

ただ 鼓姫は幸せだったと思えるのです。
いつも一緒に山 川 雪原へ出掛け 体中で楽しみ 喜んでいました。
私達も鼓姫の様な一生を送りたい 鼓姫の様な最期を迎えたいと思っています。

福丸は鼓姫の病を察知し 静かに見守っていました。
今は寂しさの中にいるです。

 「頑張らろうね。かあさんも頑張るからね。」 って言っているんですが
私の悲しさを見透かされているようです。

頑張ります。

コメント有難うございました。
Commented by アイラ親父 at 2015-11-11 20:29 x
鼓姫ちゃん亡くなったのですね。今まで知りませんでした。御冥福をお祈り致します。
Commented by kohimerobinhime at 2015-11-12 13:11
アイラ親父さま

安らかな最期でした。
コメント有難うございました。


<< 一ヶ月      いっぱい いっぱい 有難う >>